スポンサーサイトEDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そとにゃんレポートEDIT

結論からいうと、今回はネコ達と暮らすおじさんとは会えず、
また会えたネコの数もわずか…。

帰省中は3度この場所に訪問。

この日の関西、お昼過ぎにはどんよりした空模様の寒い日で、
CIMG0721_20080109110457.jpg
寒さのせいでネコ達がテントから出てこないのかなと思ったけど


1匹だけ、夏に紹介した3匹の捨て猫と同時期に捨てられた、
黒ネコさんには会えた。
CIMG0719_20080109110519.jpg
この子は子猫時代からひじょうに警戒心が強く、
世話をするおじさんにも近づくと唸っていた子。
あ~でもおっきくなってるわ。とりあえず元気に成長したみたい。

で、この日はおじさんのブルシートで作ったテント(というか小屋みたい)は
入口が荷物でふさがれていて、おじさんの自転車もなかった。
どこかへ出かけられたみたい。
ネコ達はテントの隅っこに作られた出入り口から自由に外にも出られるけど、
結局会えたのはこの黒猫さんだけだった。

翌日にいたってはおじさんにもネコ一匹にも会えず。

最終日、風もなく暖かな日となり、今日はネコには会えるだろうと訪問。
PICT6710.jpg


いたいた。

二年前、初めて訪れた時からここで暮らす子。
あの頃は子猫だったけど、人懐こく体格もよく成長した茶トラさん。
PICT6685.jpg
日向ぼっこしている。

人が寄るとこれ
PICT6678.jpg

PICT6680.jpg
相変らずおまえは愛想がいいな~。
おじさんはお出掛けかえ?


テントに声をかけるともう2、3匹顔を見せに来てくれた。
夏にも会った片目の見えないサビネコさん。
PICT6691.jpg
目ヤニと鼻水は不自由そうだったけど、
もともと体調はよくないのでこの調子ならまだいい方。

少し距離をおいた場所にはトラネコさん。
PICT6716.jpg
この子に似た、もとボスネコのトラにも会えた。

でも、会えたのはこれだけ。

夏に会った子猫たち、いなかった。
テントの中にいるんだろうか。
いや、こんな天気のいい日はいつもみんなで日向ぼっこしているのに…。
ちゃんと大きくなれたんだろうか。

ひじょうに気になったけど、話しを聞けるおじさんやたまに世話に来る
おばさんにも会えず、結局他の子たちの安否はわからず。
おじさんはどこにいったのだろう…。
テントの入口はずっと荷物でふさがれたままだった。
でも外にはちゃんとネコのフードや水は置いてあったので、
誰かの世話は受けているようだ。
最終日は、もし会えなかったらと思い書いた手紙と、
キャットフードをテントの前に置いてきた。

これからは寒さも本番で、外に暮らす子達には厳しい環境。
体力のない子は、眠るように亡くなってしまう子もいるのだとか。
この河原の猫達はまだ雨風しのげるけど、
苛酷な環境で暮らす子達も多い。
外にいる子達が、この冬元気に暮らしてくれますように。

コメント

とこさんが
>自分の家に置いておく子は別ってことですかね・・・

と、感じられたとしてもとこさんを非難出来ない気持ちです。

きっとそう感じてる人も多いと思います。
ただ書き込まないだけです。

私の知人で里親になった方がいますが
病気持ちでブサイクでボロボロの成猫を引き取りました。
理由は、キットこの子は引き取り手が無いだろうと思ったからだそうです。
その話を聞いて心を打たれました。

かと言って、しっぽさんにその人のような気持ちを要求する権利は誰にもないと思います。

要は、自分の出来る範囲で自分のやりたいようにで良いのだと思います。

どんな小さな力でも何もしないよりは断然良いんですよね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あの、↓にコメント書いたものですが、皆さんのコメント全く読まずに書いてしまい、今慌てています。
空気が読めずにごめんなさい。

二つ書きたいことが有ります。
1つはとこさんのコメント。
 とこさんは誤解なされていると思います。 
2つ目はしっぽさんが、コレでくじけてしまわないか心配な事。
 まずとこさんの誤解を解きたいのですが。
 レオっちといちごちゃんのプロフィール、見ていただいた上でのコメントでしょうか。
 アメショだから引き取った、と言う指摘あるかもしれませんが、一般の”猫飼ってみようか”と思う人はそんなものです。 私もそうでした。
 でも私はしっぽさんのこのブログがあったから里親になったのです。
 私に2匹のニャンコ譲ってくれた方は10匹を保護されていました。
 うち3匹はその方がミルクあげているような子猫でした。
 私(男49歳です)の家族を見て、安心した様で、お茶も飲まずにミルク上げないといけないから、と帰っていかれました。 たぶんとこさんも同じようなのでは。
 私は最初猫飼うならペットショップでアメショ、と思っていたのがここで里親の事を知って雑種二匹(とても可愛くて綺麗ですよ)の里親になりました。
  私にニャンコ譲ってくださった方はもっと引き取ってとは言いませんでした。
 もっと極端な事言えば、私が猫引き取った時、やさしいねと言ってくださった方が、後でわかったけど、親に見捨てられた子供を引き取って立派に育てた方でした。
 猫の命も大事ですが、人の命も大事。
 一人でできること、限りがあります。
 でもみんなでできればきっと良くなっていきます。
 しっぽさんはそうしています。
 実際しっぽさんのおかげで私は里親になったし、ここに書かない人もそうなった人多いはずです。
 解っていただけるでしょうか。
お互い猫好きならば、御理解いただければ幸いなんですが。
 
 ネットでは嫌いになるともう来ない方もいますので、私のコメ見ていただけないかも知れません。
 しっぽさん、私は貴女のおかげで今の可愛い2匹の父親になれました。
 感謝しております。

つい久しぶりにコメ入れましたが、こんな長くてすみません

私は去年の3月に2匹のニャンコの里親になりました。
 最初はアメショをペットショップで買ってくるつもりが、ここうちにゃんを見ていて里親募集に気がつき、そうなった次第です。
 茶トラちゃん、17年前に保護した子にそっくり。
 しっぽさんのおかげで私は今の子達と知り合えたようなものです。
 今とても幸せです。
 もっと幸せなニャンコと人間が増えると良いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

差し出口である事は承知していますが...
   
とこさん
   
猫さん保護の活動 お疲れ様です&ありがとうございますm(_ _)m
私も保護活動をしたいと望んでいるんですが 経済他の条件が整わず
せめてもと 里親様捜しのお手伝いや
少額ではありますが寄付などをさせていただいています
また 猫さんの色々を学んでいるところでもあります
なんと言っても 命の現場で奮闘しておられる 
とこさんのようなボランティアさんが 羨ましくもありがたくも思います
   
猫さんに純血種や雑種の区別はない と言いますが
一般には [雑種だって純血種となにも変わらない命である]
という意味で言われる事が多いと思いますが
それは 純血種を差別するためではありませんよね?
   
私のブログ友達の中には
ペットショップで売れ残って大きくなりすぎ 殺処分されるばかりになっていた
純血種の猫さんを買い上げて 家族にしている人もいます
レオ君・いちごちゃんが どういう経緯でしっぽさんの家族になったのかは
私も詳しくは知りませんが 知る必要もないと思っています
だって ブログの行間ににじみ出ているしっぽさんのお気持ちが
「猫さんを差別区別なく愛しているよ~」と言ってるんですもん
そして当然の事ながら まず家の子に責任を持つ という事ですね
   
日々猫さんの命と向き合っておられるとこさんには 歯がゆく思われるかも知れません
ですが しっぽさんは 
レオ君・いちごちゃんが純血種だから家族にされたのではないと思いますよ
今回 猫白血病キャリアの仔猫さんの里親様捜しにも それはご尽力いただきました
どんな猫さんにも 等しく愛情を注いでくださる方だと思います
(ちなにみに仔猫さん 里親様と出会えまして 明日お輿入れの予定です♪)
   
いろんなブログさんを拝見していますが
やはり記事には オーナーさんのお人柄が表れるんじゃないでしょうか
   
差し出口をいたしました すみませんm(_ _)m

今日は!いつもレオ君といちごちゃんに癒してもらっています。

外猫さんレポートも、現状を多くの人に知って貰う場として
啓蒙活動されているしっぽさんは素晴しいと思います。
しっぽさんのスタンスでこれからもブログを書いて下さいね。
楽しみにしています。

◆21時40分の鍵コメさん
こんにちは^^
始めからは無理ですが、
ご連絡先を教えていただけますでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
この寒空の下、寒さと空腹に耐えながら頑張って生きているノラ猫たちの事を考えると胸が痛みます。私の通勤路にも駅前に3匹、会社近くにも数匹のノラちゃん達が居ます。本当は全部家に連れて帰りたい。そしてこれ以上不幸な猫を増やさないように不妊手術を受けさせたい。でもうちにも猫がいて、これ以上は飼うことが出来ず、全部手術するには資金が到底足りません。自分の無力さを痛感しています。今、私に出来る事。少しでも空腹を満たしてあげたい思い、毎日出勤時と帰宅時に、猫達にご飯をあげる事にしています。でもやっぱり暖かい場所で安心して暮らせる環境を作ってあげたいですよね・・・とりあえず、私の住む街の“犬・猫救済ボランティア団体”に相談してみます。私が知っているノラ猫はほんの一部に過ぎませんが、少しでも幸せな猫が増えますように・・・

外ネコちゃんカワイイですね^^なつっこい子もいたり☆おじさんにかわいがってもらってこの子達は幸せものだ^^おじさんどこ行ったんでしょう?キレイな猫ちゃんも猫は猫なので私はいいと思いますが…。ペットショップでも売れ残って大きくなってる猫ちゃんもよく見ますし…。野良猫ちゃんやおじさんに会いに行くしっぽさんに愛情を感じますよ^^

しっぽさんの記事を読んでいて胸が痛みました。野良猫を作り出しているのは人間ですから。
私も、黙って見ていては何も変わらないから、自分の出来る範囲で、気負いなく、猫さんのために援助できることを続けて行きたいと思ってます。
これからもしっぽさんを応援します!


しっぽさんの野良猫たちへの愛情はしっかり伝わってますよ!

この年末年始に急に冷えて雪が降った時に
家ネコがぬくぬくしてるの見ながら
この寒空の中、野良さん達はどうしているのか 
すごく気になったのを思い出しました。
切なくなりますね。
うちの子たちも、一歩間違えば外にいたでしょうから・・・。

考えると切りがないとは思うし
冬の寒さはある意味必要なのだとも(数が増えすぎないために?)何かで読んだ事がありますけどね。
それでもやっぱり切ない・・・。

すいません!
名前入れ忘れました。

レポートお疲れ様でした。
会えた子たちは元気そうで良かったです。
おじさんや会えなかった仔猫ちゃんは心配ですが、きっと幸せに暮らしてると願うばかりです。

次回帰省したときには、おじさんにお話聞けるといいですね。

外にゃんレポートありがとうございます。写真を見る限りでは毛ヅヤは悪く
なさそうなのでちょっと安心です。
寒さをしのいで元気でいてほしいです。
おじさんから便りがあるといいですね。
しっぽさんのやさしい気持ちは、おじさんにも外にゃんちゃんにも伝わってると思いますよ、きっと。

◆とこさん
そうですか。そう思われるのはつらいです。
どのような応え方をしても受け止め方は様々でしょうから、
ご意見として受け止めましたが、このような場でなく
メールでいただける方がよいです。

私は捨て猫保護のボランティアをしています。

雑種等関係なく猫を探していたという割にはとてもキレイなアメショやスコを飼っているあなたがこの記事を書くのは疑問を感じます。
記事事態は考えさせられ、素晴らしいとおもってるんですが。。

自分の家に置いておく子は別ってことですかね・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レポート読みました。いろんな事を思い考えさせられています。
直接何も出来ないぶん、心にしっかり受け止めています!!冬の寒さに耐えて元気に暮している事を祈ってます。

成長したはずの子猫たち、もし他の人にもらわれたのならよいですが。
おじさんの話では、冬の間は病気も多く、
1匹が感染すると他の子にも広がってしまうのだとか。
そろそろ虚勢避妊も出来る時期に成長しているでしょうし、
それも含めてお力になれればと思っていました。
この場所に行っておじさんに会えないことは無かったので、
今回心にもやもやしたものが残ったまま帰宅しました。
おじさんは空き缶を集めて生計をたてていますが、
失礼ながら推測するに少しの蓄えもあるようです。
ネコだけでなくおじさんの健康状態も気にになりますが、
もしおじさんが施設など他の場所に移ったら、
この子たちはどうなってしまうのか…などと考えなくていいいこと
まで頭の中でぐるぐると…。

この地域は13年前の阪神大震災で大きな影響を受けました。
河川敷という場所がら、昔からホームレスの方はみかけましたが、
震災後にはたくさんのテントが並びました。
震災直後は住宅街の子供たちが遊ぶ公園内にさえテントがありましたから、
その頃に比べると数は減りましたが、昔に比べると震災の影響か
時代のせいか、河川敷のテントは多くなったように思います。
ホームレスの方は寂しさを紛らわすために犬や猫を飼う人もいるし、
番犬として犬を飼っている人もいます。
人も動物達も、お互い頼りあって暮らしています。

かなしいことに、河川敷に飼い犬を散歩に連れてくる人も多いのですが、
飼主の中には犬を放し飼いにし、わざと猫を追い立てる人もいるようです。
わたしの会う猫達も経験があるのか、犬の姿を見ると警戒したりテントに隠れたり。
どんな環境であれ、人の保護があるというのは、
猫達にとってはとても心強いことなのです。

次回帰省する時には、ネコもおじさんも、元気な姿を見せてくれるといいな。

レポートありがとうございます。

なんかいろいろ考えされられました。
会えなかったネコちゃんたち、元気に大きくなっていますように。
次、しっぽさんが立ち寄ったときに元気な姿を見せてくれますように。

うまく言葉にできませんが、読ませていただいてよかったです。
ありがとうございます。

レポート ありがとうございますm(_ _)m
   
そうですか 会えませんでしたか
せめて話が出来れば 多少の消息は分かるんですがねぇ
また半年会えないだけに 気がかりでおられるでしょう
   
それでも 茶トラさんやサビさんの様子を見れば
ちゃんと御世話を受けていられるらしいのが分かりますね
少なくてもガリガリにはなってないし 悪化もしていないようですから
   
私の地元では 路上生活の人たちを施設に収容する施策が執行されているようで
たまに地下鉄換気口に居る人を見る事がありますが
数日で見なくなります 収容されたようです
でも おじさんが収容されたなら テントも撤去されるのでは?
なんて 離れていると色々に考えが巡ってしまいますね~
   
猫さんたちの行方も気になるところですが
あまり気にしすぎても体に良くありませんから
一時棚上げにするしかありませんね
どうか元気でいてくれますように と願いながら
   
貴重なお里帰りの時間を 三日も費やしてくださって
ありがとうございましたm(_ _)m

しっぽさん、外にゃんレポート待っていました。
遠くにいる子達でもやはりどうしているのか気になります。しっぽさんのように場所をしっているわけでもなく、かといって世話もできるものでもないけれど、しっぽさんのブログから少しでも伺い知って、元気で居てくれたら・・・と気になります。
世話をしているおじさん、そして猫たちがほんの小さな幸せでもできるだけチャンスに恵まれますよう、祈っています。
またお帰りになったらレポートしてくださいね。

しっぽさん、外にいる子達で、前にいた子の姿を見かけるとほっとする反面、見かけられないと、心配ですよね。
外の猫たちが、冬元気で暮らして行かれますように、祈っていますv-22
非公開コメント

最新の記事


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
管理人:しっぽ
千葉県在住。4人家族。

レオ

愛称レオっち 2005.5.3生(♂)
三大好物。散歩、ミルク、雪。

いちご

愛称いっちゃん 2006.5.7生(♀)
窮屈マニアな隙間ハンター。

You Tube動画 (ri5357チャンネル)
You Tube動画 (reoitiチャンネル)
↑2009年3月ごろまでの動画

Amebaさんブロガーインタビュー
アイリスさんレオいちインタビュー
壁紙


このブログについて



本になりました

■Amazon ■楽天


■Amazon ■楽天


■Amazon ■楽天

【韓国版】
행복한 고양이 레오와 이치고

詳しくはコチラの記事にて


ブログ内検索

【キーワードをクリック!】
家族と  多頭飼い  動画  四季  狙う猫  変なポーズ  変顔  猫のパーツ  隙間ハンター  猫団子  おじゃまネコ  子猫  シンクロ  ジャンプ写真  雪遊び  ミルク王子  おやつ  ネコパト  いちごロール  イモムシ  食事見学  フミフミちゅぱちゅぱ  お出迎え  





コメントありがと!


リンク

避妊・去勢手術の助成制度
cat2.jpg





お世話になるメールフォーム
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

携帯版ブログ
QR


スポンサーリンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。