スポンサーサイトEDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオのことEDIT

さて、何から話せばよいのか・・・。
レオが明日、手術を受けることになりました。

先月、体調が悪い日があって、食欲が無いのと嘔吐。
病院で腸炎の診断を受けてすぐ回復したのですが、一週間ほど経ってまた同じ状態になりました。
その時には下痢もあって、膵炎の疑いがあるのでと、検査機関で血液も調べてもらい、
膵臓に関する数値は基準より少し高めだけれど、腸炎の影響を受けたものだ、という診断を受けました。

その後、一日一回は必ず出ていた便の出が悪いのは気になったけれど、
消化のいい食事と食べる量が少ないせいだろう、出たときは健康な便をしていたし、
まず元気があり食事も欲しがるし、徐々に良くなるだろうと考えていました。
でも食事を欲しがるわりに、量を食べられないのです。
お皿の前にきて全く食べないことも続き、体重が落ちていくのがわかりました。

先週末、再度受診。
医師が時間をかけてレオのお腹を触診し、しこりを見つけました。
エコー検査を受けて、腸の一部が大きくなっていることを確認しました。
腸腺癌、ガンでした。
腫瘍が腸管を狭めているので、食べ物がうまく通過出来なかった、そして便が出せなかった。
腸閉塞の手前をイメージすると理解しやすいと説明を受けました。

内臓の腫瘍は触診で見つけることは難しいようです。
最初に具合が悪くなった時は、かかりつけ医が休診であったため違う病院に行きました。
そちらの先生も触っていたし、その後かかりつけ医も見たし、でも、すぐ発見には至りませんでした。
薬で治せるものではなく、外科的な治療をするしかない。
転移や再発の心配はあるけれど、腸の手術は他の臓器に比べると
術後の経過はよいと言われた気がします。

ただ、もう一つの心配。
お伝えしていなかったけれど、レオは軽度の心筋症をもっています。
去年、レオの姉猫のみるくちゃんが肥大型心筋症で亡くなり、
母猫のうずらちゃんも、同じ月齢に同じ病気で亡くなりました。
心筋症は自覚症状がなく、症状が出た時には手遅れという場合が多い。
遺伝のある病気なので元親さんが連絡をくださり、レオも心臓の検査をしていたのです。

心臓の壁の厚さが6ミリを超えると心筋症と診断されるそうですが、
エコーは見る角度によって数字に違いが出ます。
週末に確認した時は、レオの心臓の厚みは5.7ミリ、前の検査では6.1ミリでした。
数字を見ても遺伝を考えても、今後進行するだろうと、半年前から予防的にお薬を飲んでいました。
(食事に混ぜると一緒に食べてしまいます)
運動の制限もなく、これまで通り穏やかに過ごすことが一番という医師の助言のもと、
心筋症に関しては、ある程度コントロールできていると思っていました。
(この病気は完治しません)

しかし、今回手術を受けるにあたって、心筋症がリスクになってしまいました。
麻酔が心臓に負担をかけてしまうそうです。
最悪、手術中に亡くなることだってあり得る、と。
胃腸炎とどこか漠然とした病名しかだせなかったのも、麻酔を使っての詳しい検査をさけていたからです。

話が飛び飛びになりますが、
もう20年以上前に、わたしはその頃いた愛猫を心筋症でなくしました。
朝苦しそうに呼吸していて、病院に連れて行ったけれど、その日の夕方に亡くなりました。
あとでわかったのはそれが心筋症の症状で、
心臓から出来た血栓が血管を詰まらせ、呼吸困難になったのだということ。
当時、リスクはあるが手術するか、と医師に聞かれ、何もしないよりはとお願いしました。
血栓を取り出すことには成功しましたが、その子は意識をしっかり戻すことなく亡くなりました。
彼の心臓はもう手術に耐えられなかったのです。
症状が出た時期では、彼の心筋症はかなり進行していたのでしょう。

医師は、レオの心筋症はまだ初期だと言ってくれました。
でも普通ではないんです。
あの20年以上前のことが何度も思い出されて、
同じ思いをレオにもさせてしまうかもしれないと考えると、怖くてしようがないです。
リスクはあるが手術するか、でも他に選択肢がありません。
手術しなければ食べられなくて、腫瘍が大きくなり衰弱していくだけ。
私たち家族は、レオの回復を信じて手術を受けてもらうことにしました。

しっかり頭の整理ができていなくて、ちゃんとした文章になっていないかもしれません。すみません。
わたしはこのブログを闘病記にするつもりはありませんでした。
老いていく猫たちについて書きたくなかったし、ずいぶん前から、
彼らが元気なうちに、10年続けたら(来年の11月)区切りをつけようと考えていました。
自分の決めた区切りより早く闘病生活になってしまった。なんとまぁ・・・
闘病記にするつもりはありませんが、これからも元気になったレオの写真を載せたいです。

6月3日の午後、手術を受けます。
心臓の負担を考えて、通常より早めに退院することにしています。
まず、手術がうまくいきますように。
わずかでも入院中のレオの支えになるように、今部屋の中にバスタオルを敷いて、
家や家族の匂いをいっぱいつけています。
タオルと一緒に入院します。

DSC02594_20140602172816b1a.jpg
いっちゃんも匂い付けに協力中。ついでに毛もつけてやってくれ

現在のレオは、たまに毛づくろいしたり爪を研いだりするし、どこか痛がっているような様子もありません。
でも十分食べられていないし、動きはよくないように感じます。
カメラを向けるのは気が引けるので写真は撮っていません。

きっと、元気に帰ってきてくれると信じています。
どうぞ皆さんも、小さなレオを応援してあげてください。

また、報告します。
スポンサーサイト
最新の記事


カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
管理人:しっぽ
千葉県在住。4人家族。

レオ

愛称レオっち 2005.5.3生(♂)
三大好物。散歩、ミルク、雪。

いちご

愛称いっちゃん 2006.5.7生(♀)
窮屈マニアな隙間ハンター。

You Tube動画 (ri5357チャンネル)
You Tube動画 (reoitiチャンネル)
↑2009年3月ごろまでの動画

Amebaさんブロガーインタビュー
アイリスさんレオいちインタビュー
壁紙


このブログについて



本になりました

■Amazon ■楽天


■Amazon ■楽天


■Amazon ■楽天

【韓国版】
행복한 고양이 레오와 이치고

詳しくはコチラの記事にて


ブログ内検索

【キーワードをクリック!】
家族と  多頭飼い  動画  四季  狙う猫  変なポーズ  変顔  猫のパーツ  隙間ハンター  猫団子  おじゃまネコ  子猫  シンクロ  ジャンプ写真  雪遊び  ミルク王子  おやつ  ネコパト  いちごロール  イモムシ  食事見学  フミフミちゅぱちゅぱ  お出迎え  





コメントありがと!


リンク

避妊・去勢手術の助成制度
cat2.jpg





お世話になるメールフォーム
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

携帯版ブログ
QR


スポンサーリンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。